スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンドラ、面白い? 
今更ですが、「パンドラ」面白いですね。

久々にドラマにハマリそうな予感。

太刀川君の出番はそんなにないんだけど、出てくる場面が全部素敵。

そんな太刀川くんのツボシーンを書き出してみました。

1話は、冒頭の登場から全部としか言えないので、スルーします(笑)



++++++++++



(2話)

前回小夜子が電話をいきなり切った事で、「何かあったのか」詰め寄るものの、さらりとかわされ「寝てないんでしょ?寝かしてあげるからおいで」と手を引かれてベッドへいく場面。

横になりながらネクタイを外す仕草がこれまた素敵。

てゆーか、スーツ皺になるよ?(←そこ、気にするところじゃないだろう)



いきなり小夜子から呼び出しくらって「お前から誘ってくれてちょっと嬉しい」などと浮かれていたら、前置きもなくいきなりCD(小夜子が鈴木から盗み出した研究データ)を「何も聞かず預かって」と押しつけられたところ。

「絶対見ないで、私に何かあったら破棄して」と恐ろしいことを言われて戸惑う太刀川くん。

そんな彼の様子など気にとめない小夜子。

そして続く衝撃の台詞。



「預かってくれたら結婚してあげる。あなたの子供も産んであげる」



す、凄い強気発言だ…!!

相手が自分に惚れきっていると確信してないと言えない台詞だよなあ。



で、結局何も聞かずCDを預かる太刀川君。

さてさてどうなる?





++++++++++



(3話)

小夜子から「絶対に見ないで」と言われて預かったCDの中身を、結局見てしまう太刀川君。

早いよ君!

3話でパンドラの箱から出てくる災厄は「裏切り」なんですが、太刀川君も裏切ってますね。

しかしこの程度の裏切りなんか、他の黒いメンバーに比べたら可愛いもんですよ!

しかもその方々も、握っている鍵が少しずつずれてて、更にお互いが疑心暗鬼になりそうな予感。



で、情報収集で訪れた病院で鈴木の恩師(スイマセン、名前が思い出せない…;)とのツーショット場面。

この人が大学病院を辞めるきっかけとなった記事を書いたのが太刀川君だったんですね。

当時の研究を受け継いで特効薬を完成させた人物が、鈴木さんなわけで…。

おおお、意外なつながりが見えてきたぞ。



病院を出たところでかかってきた小夜子からの電話に、さらっと知らないフリをするところがナイス。



小夜子に呼び出されたバーで「やっぱりあなたと結婚するのやめた」などと前言撤回され、置いてけぼりをくらい、やけになってビールをあおる太刀川君。

かわいいぜちきしょう。



なーんか太刀川君、これでもかって位小夜子にぶんぶん振り回されております。

惚れた弱み?単に気にしない性格なだけ?



次回に出てくる災厄は「罪」。

予告映像がまた気になるわあ。

愛の逃避行?マジですかいな?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。