スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わってしまった… 
行って来ました、兵庫県立芸術センター!

そして今は、その帰途でございます。

始まったと思ったら、あっという間に終わってしまった「ドリアン・グレイの肖像」。

ただただ、凄い、の一言です。

感想を書こうと思ったけど、今は受け止めるだけで精一杯で、うまく言葉が出てきません。

観るだけなのに、凄くエネルギーを使った気がします。

後からじわじわと何かが生まれそうな、そんな予感。



…で、そんな予感はさておき。

耕史くん、加納さんをはじめキャストの皆さん、そして素晴らしい音楽を生み出した前嶋さん、舞台を支えたスタッフの皆さん。

最後に、凄いモノを作ったスズカツさん。

本当にお疲れさまでした!

それと同時に、素晴らしい舞台を見せてくれて、ありがとうございました!



…更に欲張るなら、是非とも映像化をお願いします(笑)

サントラだけでもいいから出して欲しいなあ。あれは世に出ないと勿体ないですよ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。