スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
糸井重里×ジョニー対談@ほぼ日 
先日の拙宅の記事でとらもも様からコメントを頂いた時に、
コメント返信にてほぼ日で現在連載されている糸井さんとジョニーの対談記事を紹介したのですが、
対談に触れて素敵な記事を書いて下さってます。
(とらもも様、ご連絡ありがとうございました!)
とらもも様の書かれた記事で、私の感じた事をとても上手く表現されています。
「うんうん、そうだよな~」なんて思いつつ。
ジョニーはとても気さくで飾らない、氷上の姿とはまた違う一人の青年でした。
ほぼ日等での対談記事を読んでいつも思うのは、糸井さんの話の運びの上手さ。
糸井さんはどんな相手に対しても、真摯に対応しつつ、相手の深い所まで入り込むのが上手な方です。
そして、私が思うのは、糸井さんの最大の「力」は、
分からない所はちゃんと「分からない」と言える正直さと謙虚さだと思います。
結構、「何となく分かったつもり」の人が多くて、そういった人達の方が訳知り顔で語ったりする。
そういう所が無いから、相手も向き合って言葉を返してくれるのだと思いました。

人はどうしても、周りの目を気にしてしまいがちだけど、
ジョニーの自分を偽らない、ありのままに生きる姿は、私にとってとても眩しく映ります。
自分の個性を大事にすることは、自分自身を愛することにつながります。
決して楽な生き方ではないけれど、だからこそ数多くのファンがつくのでしょうね。

そしてジョニーの姿勢は、個人的にジェーニャのソチに掛ける想いと被りました。
(ええ、自分の勝手な思い込みです(笑))
自分を信じること、そのために全力を尽くすこと。
私には難しいことですが、だから私はそんな人達に惹かれるのです。
(私が好きになる人は、だいたいこのタイプが多い;)

対談はまだ続くので、興味のある方はどうぞ読んで下さい。
ジョニーのおまけ動画も必見です★
「Johnny Weir!!! オフィスにジョニーがやってきた。」


ちなみに、ほぼ日で過去二回の冬季オリンピックのコンテンツがあります。
にわかファンもコアなファンも、読者の投稿メールがそのまま掲載されるコンテンツ。
笑いも感動も興奮も満載の、ただし毎回もの凄い長い!大好きなコンテンツです。
トリノ時は「プルシェンコ様」コーナーが出来てました(笑)
読むのに大変時間がかかるので、暇つぶしに最適です。
観たぞ、トリノオリンピック!
観たぞ、バンクーバーオリンピック!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。