スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/27ドリームオンアイス鑑賞レポ・2 
昨日のレポの続き。
ショーの構成は一部と二部に分かれていて、ジェーニャの登場は二部の後半。
とりあえずジェーニャの感想を書いて、あとで他に気になった事を書くことにします。
プログラムは「Je suis Malade」
バンクーバーオリンピックのEXナンバーですね。
韓国で初披露した新ナンバー「Mack the knife」も見たかったけど、こっちも生で見たかったから感動です。
ジャンプは3回転のコンビネーションジャンプ。
ふわっと軽く、しかも高く飛びます。
動きひとつひとつ、何気ない仕草なのに目が離せません。
独特のステップはゆったり目、客席へのアピールもしっかりとするジェーニャ。
最後の倒れ込むところ、バンクーバーと違って、倒れた後、少し間を置いてから手足を抱え込み。
一瞬硬直したかと思ったよ(笑)
しかしこの人、何かする度に歓声と拍手に加え、若干の笑い声が入るのは何故なんだ。
私も最初のジャンプで何故か笑ってしまったのですけど、凄すぎると笑ってしまうのでしょうか。
けど、ステップからラストまでは逆に泣きそうになってしまいました。
あかん、揺さぶられる・・・。

あっという間に演技終了、凄い拍手と歓声で、スタオベの嵐。
上から見ると圧巻の光景です。
嬉しそうに歓声に応えるジェーニャ。きっちり必殺キッス飛ばしも披露(笑)
そして退場の時、バックで滑りながら、胸元をはだけ始めました。
何してるのこのお人はー!!
わき上がる歓声とどよめき(笑) 私も叫びそうになったよ・・・
まあ全部脱ぐとかそういう事も無かったのですがね。

(追記)
この日の胸元チラリサービスは、どうも土曜日のアクシデント(?)が元ネタのようです。
演技の半ば、盛り上がる場面で、激しく動いている最中に
ボタンが外れて胸がはだけたそうです。(3つ目のボタン位までいったらしい)
で、最後まで胸をはだけたままで通したけど、フィナーレではきっちりボタンを留め直してたようで。
最終日のボタン外す仕草は土曜日のネタか?・・・とのことでした。

皆の演技が終了して、フィナーレ。
あらかじめ謝っておきますが、この辺本気で記憶が飛んでます。
覚えてるのは、だいたいこんな感じ。
・相変わらず群舞の苦手な宇宙人。テンポずれてる。
・胸元はだけっぱなし? よく見えない、分からん、どっちだ!?
・ダンス可愛い! みんな可愛い!

フィナーレの群舞も終わり、皆がカーテンの奥に消えていきます。
ショー終了・・・と思ったのですが、観客は皆立ったまま手拍子。
しばらくして選手達が再登場。
ジェーニャは日本ペアの女の子と手を繋いでおりました。
おにーさんと妹、てな感じで微笑ましい。
だんだん手を繋ぐ人数が増えていき、最後は全員で手を繋いで螺旋を描いてゆきます。
ぐるぐるぐるぐる、螺旋が円になり決めポーズ。
うーん、格好良いわあ。
その後はお約束らしい、男子勢によるジャンプ大会。
みんな次々と四回転に挑戦。
失敗しても励ましの拍手、成功したら大歓声。
ここでまさかのジェーニャ参加。飛んだのは三回転ですが、珍しくお手つきで失敗。
「失敗してごめんねー」、てな感じで手を合わせて観客に謝る姿が可愛いぞ。
しかもそのポーズ、どっちかというと『合掌』に見える(笑)

そんなこんなで初めてのアイスショー体験も終了です。
もう本当に豪華メンバーで、夢のようなひとときでした!
素敵な時間をありがとう、ジェーニャ!

レポはあと1回続きます~。
他の選手の感想とか、拾ってきた情報とか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。