スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘドヴィグ・ファイナル話 
とうとう終わってしまいました、HEDWIG AND ANGRY INCH。

帰宅してすぐに記事を書こうと思っていたのに、気力が抜けすぎて復活するまでかなり時間がかかってしまいました(^_^;)



相変わらずうろ覚えなレポですが、よければどうぞ★

チケットは当日会場で引き替えの為、ぎりぎりまで分からなかったのですが。

最前列のど真ん中。

一生分の運を使い果たした気分です。

公演前には、ずっとお話したかった方ともお会い出来て嬉しかったです♪

(挙動不審ですいませんでした・・・)



公演中は最前列という事もあって、ただひたすら彼女に釘付けでした。

他を見る余裕なんて全然ありません。

ひたすらその姿を脳裏に焼き付けてました。

今回、恥ずかしながらずっと泣いてました。

最初は涙ぐむ位だったのですが、トミー少年の出会いの辺りからはもう・・・(T_T)

彼女が愛おしくて、切なくて・・・色々な感情がぐるぐると渦巻いて、涙が止まりませんでした。

ラストの「MIDNIGHT RADIO」の時にはもう凄い事になってました、私(^_^;)



そして今回のお楽しみ、カーテンコール!

「何度も出たり現れたりするのは(どっちも)大変だから」と、挨拶もそこそこにいきなり歌います(笑)

「こんなに大きな会場で歌う事なんて滅多にありませんから」などと言ってた耕史さん。横にいた中ちゃんも頷いてました。中ちゃん、君ならいつか出来ると思いますよ!

んで、「盛り上がる曲を」と、ハイテンションの「ANGRY INCH」。

中ちゃんが客席に向かってグミベアを投げる投げる!

私にもヒットしました★ なんだか嬉しい。(その後お持ち帰りしました♪)

・・・で、曲が終わって下がろうとしたのですが、手拍子が止まなかったので、「まだ足りませんか」と笑ってました。「(器財の)セッティングとか、結構大変なんですよ」と時間つぶしのトークに挑戦しましたが、「何言おうとしてたのか忘れました」なんて、あえなく玉砕してました(^_^;)

そしてお待ちかねの「ORIGIN OF LOVE」へ。

2曲もやってくれました♪



そんなこんなのヘドファイナル。本当に楽しかったです。

上手く文章に出来ない自分がもどかしいですが、この作品に出会えて幸せでした。

見る度に感じ方が変わる、どこまでも深い作品です。

耕史さん、中ちゃんをはじめ、バンドの皆さん、スタッフの方々、本当にお疲れさまでした!

そして、素敵な時間をありがとう!!

またいつか、彼女と再会できる日を願って・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。