スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
L5Y・9/28大阪感想 
++++++++ ++++++++



もう最高でした、大阪!

関西の特徴なのかもしれませんが、お客さんの反応が凄い良かったです。

特に反応が良かったのはM4。写メを取るシーンに笑いが巻き起こってました★

これまた良い笑顔なんだなあ、これが。

バック転は無し。(夜はもう全然違う動きで、くるくる回っておりました。これも可愛いー)

M5の「スマイル?」の不気味な(失礼;)笑顔の反応もナイス!

あれ本当に怖いんですけど(^_^;)

コミカルな部分は本当に笑わせていただきましたが、その分切ない部分はとことん切なかった?。

M11の歌詞「僕の成功は 君の苦しみなのか」

このフレーズを歌う所で、ジェイミーが泣き声になっていました。

より一層ジェイミーの孤独感、哀しみが伝わってきて、観ている私も本当に辛かった・・・!

私がキャシーだったらその時点でジェイミーを抱きしめてます(^_^;)

パーティーだって喜んで行きます!

でもキャシーにはもう届かない。

それが本当に切ない。

ここからラストにかけての流れが、もう泣けました。

ああもう、もっと文章力が欲しい・・・!

言葉にならないですよ、本当に・・・



昼公演が終わって、当日券の購入窓口に並ぶ人が結構いました★

そりゃこんなに凄いの見せられたら、夜も観たくなっちゃうよね!なんて嬉しくなりました♪



そして期待の夜。

本当に素晴らしかったです!

最高の舞台だったと思います。

昼のエネルギーがそのまま夜に繋がって、より一層素晴らしいものを見せてくれました。

ひいきじゃないけど、今まで観てきた公演の中で一番良かったと思いました。

東京より更に進化した感じ。

全体的に、歌の強弱の付け方が巧みでした。後半は特にそれを感じました。ジェイミーは特に、前半と後半の歌い方が全然違っていて、まるで別人のよう。

それがそのままジェイミーの変化を表しているんですよね。

キラキラと希望にあふれていた青年はもういない。

キャシーも最高でした。

1曲目から、キャシーの目に涙があふれている。

その次の曲のフレーズ、「愛してないのね、もう」の所は本当にキャシーの哀しみと絶望が伝わってきて、かなりやばかったです。



カーテンコールですが、二回とも挨拶に出てきてくれましたー。

拍手が半端無く凄いぜ!

もの凄く熱い雰囲気です。

〈昼〉

「なんだかもう夜みたいな雰囲気ですね」と、お客さんの勢いに圧倒されてました(笑)

「こうして呼ばれても、特に何も言う事はないんですよねえ(笑)」みたいな事言ってました。あとは「まだ地方公演・追加公演もあるのでお近くの方は見に来て下さい」といった感じでしめてましたー。

〈夜〉

セットの脇から登場してました。いちいち乗り越えるの大変ですもんね(^_^;)

(井手さんに)「たまには何か喋ってみます?」と振って、井手さんの挨拶。「こんなに素敵な作品に出会えて幸せです!ありがとうございました!」と盛大な拍手が巻き起こって、再び耕史さんの番。何を言うのかと思っていたのですが。

「そこに(どこだ?)イカ焼きの店があるんです。美味しいですよ。ぜひどうぞ、僕も食べます(笑)」

・・・宣伝かよ(笑)

でもそんな所が好きさ!!(←重傷;)



そして帰り道、イカ焼き屋さん発見。

ついつい買ってしまいました(^_^;)



1枚100円と値段も安く、美味しかったです?★

舞台帰りとおぼしき方々が、同じように「この店じゃない?」と次々に並んでいくじゃありませんか。

きっと店員さんは「何で今日はこんなにお客さんが多いんだ?」と首を傾げているに違いない(笑)



しかし、終わってしまえばあっという間だった・・・

凄い喪失感です。

やばいー!

何があっても行きます横浜。

(何故に倒置法)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。