スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「忠臣蔵」を全部観た 
北大路さん主演の「忠臣蔵」、以前「4巻だけ観た」と記事に書きましたが、

週末にまとめて全巻観ました。



要所と耕史さんが出る場面意外は飛ばすという、相変わらずの邪道っぷりでしたが、ちゃんとストーリーは把握出来ましたよ。

出番は決して多くないけれど、登場するエピソードが全部深くて良いです。史上最高回数のNGを出したという、北大路さんとの対面シーンも良かったです。

若いな?、可愛いな?。



それにしても、吉良は本当に分かりやすい悪役でした。

なんであんなにいじめるんだ?ってくらい酷い。

宴会で女達を追いかけ回して遊んでるシーンがあって、一緒に観ていた妹と「悪役のパターンだ!!」と爆笑してました。

どうも人と「気になるポイント」が違うみたいです。

あと、討ち入りのシーンで合言葉を「山」「川」と決める所があって、またしょーもない議論してました。

-----

「忠臣蔵で決めたのが一番最初なのかな?、この合言葉」

「いやあ、でも今だったら誰もが知ってるから逆に使えないよなあ、これ」

「わかる?、「山」って言われたら、条件反射で「川」って答えちゃうよね!」

「そろそろ新しい合言葉考えないといけないんじゃない?」

「今それを考えた所で、いつ誰が使うのさ?」

「私らが使えばいいじゃん、今」

「……山!」

「…………本!」



「何で「やまもと」やね?ん!!」



-----



アホ姉妹ですいません。

いつもこんな感じです……_| ̄|○

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。